【開催中止】カチコミ2月落語WSスペシャル 【講師:立川がじら、三遊亭ぽん太】

劇場より大石です!カチコミ!2月特別版を開催します!





2020年2月から3月末に渡って、6週間開催される佐藤佐吉演劇祭2020!
その期間内3月24日(火)に「佐藤佐吉落語祭」を開催します!

演劇人が落語をやってみる昼公演、プロの落語を堪能できる夜公演を行い、
王子小劇場で一日中落語をやる日にします!
落語祭の詳細はこちらから→(http://en-geki.blogspot.com/2019/11/blog-post_72.html




















今回はその前哨戦、落語とより深く楽しく関わるための、『落語ワークショップ』特集です!

=-=-=

2/29(土)10:00-13:00の回
『立川がじらの現代口語落語ワークショップ』

内容:主に演劇経験者のご参加を想定していますが、そうした方に限らず落語についてなにがしかのイメージを持っていて実際に落語を喋ってみたいという全ての方を対象としています。落語を喋るうえで留意しておきたい点や、演劇との違いについてなどを出来うる限り明確にします。このワークショップでは、自信をもって落語と向き合えるようになることを目指し、落語が自由な芸であることを学んでいただきたいです。

講師:立川がじら
落語立川流、立川志らく十一番弟子。1986年生まれ。群馬県前橋市出身。明治大学文学部卒業。在学中は落語研究会に所属、全日本学生落語選手権「策伝大賞」審査員特別賞受賞。第9回前橋若手落語家選手権準優勝。劇団「地蔵中毒」に不定期で参加。

=-=-=

2/29(土)14:00-17:00の回
『三遊亭ぽん太の落語講座 接触編』

内容:演劇と落語では演者と客席の関わり方が結構違います。
まず最初にマクラや高座での振舞い方をお教えします。
また事前に1分から3分の小噺動画数本をお送りするので好きなものを覚えてもらい、
発表を見ながら寸評を交えて基礎的な表現方法をお伝え出来ればと思います。

講師:三遊亭ぽん太
2007年から大学の同期とコーヒーカップオーケストラという劇団を結成、王子小劇場や下北沢で公演。また犬と串やアガリスクエンターテイメントに客演。
2015年三遊亭好楽に入門、2018年11月に二ツ目昇進しぽん太を襲名。
都内各所で口演中。

=-=-=

【日時】2020年2月29日(土) 10:00-13:00(立川がじら回)14:00-17:00(三遊亭ぽん太回)
※状況により、終了時刻が伸びる可能性があります

【会場】東京都北区文化芸術活動拠点 ココキタ
※参加確定後に、追って部屋の詳細をお送りいたします。

【定員】10名 ※応募者多数の場合は抽選となる可能性があります。

【料金】1コマにつき 一般:2,000円/23歳以下(要証明書)・カチコミ学園生(※):1,500円 ※連続ワークショップ企画「カチコミ」に今まで参加いただいたことのある方は、カチコミ学園の学園証の提示で割引料金が適用されます。

【参加条件】何らかの形で演劇経験があること。(立川がじら回に関しては、説明文のとおり)

【申込みフォーム】
※応募締切は2/26(水) 24:00までとなります。
※ご応募状況によっては2/26以前に募集締切となる場合もございます。ご応募後、参加確定のご連絡をメールにてお送りいたします。

【お問い合わせ】佐藤佐吉演劇祭実行委員会03-3911-8259  ojishogekijo@gmail.com  (担当:大石)

コメント

このブログの人気の投稿

【受付終了】カチコミ8月烏丸企画「登場人物と暮らす 〜上京編/望郷編〜」

【レコメンド】伊坂企画「ディレクターズ・ボイス・ワークショップ」