投稿

9月, 2019の投稿を表示しています

【受付終了】カチコミ9月大石企画『オーソドックスな会話劇のワークショップ 〜トガらないけどコツコツと〜』

イメージ
【8/16追記】
カチコミ9月大石企画『オーソドックスな会話劇のワークショップ 〜トガらないけどコツコツと〜』 
追加募集・追加日程のお知らせ

締め切り前にかかわらずたくさんのご応募をいただき、ありがとうございます。
現日程が定員に達しましたので、お昼の日程を追加しました。

□追加日程
【2019年9月27日(金) 10:00〜14:30】
(募集締め切り・9月22日)

こちらの応募フォームからご応募ください。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScRW7BDz9Qb6kHtePRYEBRN7FVo2y0uzcNoWO8xaSwXb93CJw/viewform

引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

----





劇場職員が千差万別な新しい企画を打ち出す「カチコミ」ですが、
普通の演技ワークショップも受けたい!というアンケート結果にお答えし、9月はこんなWSを開催します!

-----

カチコミ9月大石企画
オーソドックスな会話劇のワークショップ
〜トガらないけどコツコツと〜


◆ごあいさつ こんにちは、大石晟雄です。
ジャンル分けすると、現代口語の会話劇を作っています。
いつも、とりあえず、「普段どおりしゃべってみて」と言います。 普段あんなに早かったり遅かったり、急に大きな声を出したりしているのに、 舞台に立つと急に同じ音になるのが気になっています。
その上で、(あくまで私のやり方ですが) 普段どおり話すだけではシーンは立ち上がらないし、 そもそも台本が自分から出た言葉ではありませんし、演出家からの指示も入ります。
「舞台化した日常」を演じるとき、 「台本・演出に従いつつ」だけど 「演技が嘘にならない」ために、一体どうしたら良いものか。舞台はそもそも嘘なのに。
このワークショップでは、人が書いた言葉、自分とは違う人間を演じるときに、 「自然」に見えて、かつドラマを成立させる演技を探っていきます。
台本を使ってシーンを立ち上げながら、舞台上で会話をするためのヒントを掴みましょう!
◆ワークショップ内容 事前にお送りする台本を使ったシーンワークとディスカッション

◆講師紹介 大石晟雄
静岡県出身 桐朋学園芸術短期大学芸術科演劇専攻卒、脚本家、演出家。 劇団晴天主宰、全ての脚本演出を担当。
主な作品に、南明奈主演舞台『あしたのおもひで』(脚本/新宿村Live…