投稿

12月, 2019の投稿を表示しています

【受付中】カチコミ12月モラル企画「超プロット会議~三人寄れば文殊の知恵~」

イメージ
花まる学習会王子小劇場がお送りするワークショップ企画「カチコミ」。
12月企画は、モラルが担当します。(カチコミって何……?という方はこちら)





カチコミ 12月モラル企画
「超プロット会議~三人寄れば文殊の知恵~」


★ご挨拶

皆さん、こんにちは!
「カチコミ!」12月企画を担当する、花まる学習会王子小劇場スタッフのモラルです。
今回はズバリ、脚本にテーマを絞ったワークショップ!
参加者の皆さんがそれぞれ「あらすじ」を持ち寄って、どういうプロットにするのがいいか話し合おうぜ、という企画です。

プロットというのは、あらすじとは似て非なるものでして、「出来事を順番に並べた全体の構成表」みたいなものです(・・・と、私は思っています、です)。
例えば、「主人公が、自分を裏切ったヤツをビンタする」というのがあらすじだとしたら、それを脚本にする上で、ビンタのシーンから始めて、その後に回想で裏切られたシーンを描いてもいいわけで、そういう時に「①ビンタする ②回想。裏切り」という、脚本上の順番で出来事を書くのがプロットです。

面白いあらすじを考えたのに、いざ脚本にしてみると、何だか思ったように面白くない・・・という経験はありませんか?
それ、もしかしたら、プロットが問題かもしれません! 
例えば「序盤で重要な情報を全て提示してしまって、後半に見どころがない」であったり、逆に「前半に前フリがなさすぎて、後半で重要な情報が明かされてもピンとこない」であったり・・・。

同じあらすじでも、プロット次第で、作品の面白さは全く違うものになります。
あらすじは、自分の中から孤独にひねり出すものかもしれませんが、プロット作りはある程度、他の人とガヤガヤ騒ぎながら決めていっても、有益になる場合もあるかもしれない・・・そんな思いから、今回の企画を立てました。

参加者の皆様にはまず事前に、「15分の短編演劇作品」を想定した物語の「あらすじ」と「プロット案」を、それぞれA4用紙1枚以内で提出していただきます。
そして、他の参加者の方の資料を事前に読んでいただいた上で当日を迎え、それぞれプロットにしていく話し合いを、時間を区切ってやっていこうぜ、という企画です。
ジャンルや内容は自由ですが、「起承転結のはっきりした、物語性の強い作品」の方が、他の方の意見を、より多くもらいやすいのでは、と思っております。
(資料のお…