投稿

【受付中】カチコミ5月守利企画「超短編会議~4コマ漫画的に考える脚本~」

イメージ
カチコミ5月守利企画「超短編会議~4コマ漫画的に考える脚本~」 (カチコミって何……?という方はこちら)



【概要】
カチコミ記念すべき第一弾企画である斬新企画「超短編会議」が、パワーアップして帰ってきました!

〝4ページ以内の完結した脚本〟を超短編として定義し、各々が持ち寄った作品について意見を交わし合い、なかなか上演する機会の無い超短編の可能性を探りまくってみましょう!



本会議の議題はズバリ〝起承転結〟!
かのビートたけし監督は、自らの映画の脚本を執筆する際に簡単な4コマ漫画を描き、それを30分づつ引き伸ばして2時間の映画をつくっていると、どこかのインタビューで読んだことがあります。


そんな4コマ漫画よろしく、あなたの作品の中の起承転結について今一度見つめ直し、脚本の構造についての何かしらのヒントを見つけてみましょう!



【内容】
4ページ未満の「超短編」を持ち寄り、参加者同士で読んだ後、意見を交わし合います。
※事前に脚本のデータをみなさまからお寄せいただき、当日は全てを印刷してご用意いたします。

【ファシリテーター紹介】


守利郁弥(もうりふみや)
桐朋学園芸術短期大学を卒業後、多摩美術大学への編入を経て、舞台創作ユニット「Dr.MaDBOY」を発足。
演劇、ダンス、パフォーマンス、ビジュアルデザインとあらゆる舞台で作品を創作している。
近年は昭和歌謡ホラー「月極セイラ ゴールデン★ベスト」を発表。他には無い着眼点でもってスターダムへとのし上がろうとしている。
夢はロックスターになること。
2013年 コンドルズ振付コンペティション グランプリ受賞
2015年 佐藤佐吉賞 優秀作品賞、優秀舞台美術賞、優秀宣伝美術賞を受賞。
2018年10月10日より団体名を“トートピア”に改名。


【日時】
2019年5月26日(日)14:00~17:00(3時間)
※当日は13:45より受付を開始いたします。



【会場】
ココキタ
※参加確定後、部屋の詳細をお送りいたします。



【定員】
10名
※応募者多数の場合は抽選となる可能性があります。



【料金】
一般:1500円
22歳以下・カチコミ学園生割:1000円
※カチコミ学園生割とは……連続ワークショップ企画「カチコミ」に今まで参加いただいたことのある方は、カチコミ学園の学園生と(強制的に)みなし、割引き料金でご案内できます!



【受付中】カチコミ6月佐々木企画「感覚を研ぎ澄ませ!〜舞台の上では敏感に〜」

イメージ
花まる学習会王子小劇場がお送りするワークショップ企画「カチコミ」、6月企画は佐々木琢(あたらしい数字)が担当します。(カチコミって何……?という方はこちら)


カチコミ6月佐々木企画 「感覚を研ぎ澄ませ!〜舞台の上では敏感に〜」
こんにちはこんばんは、佐々木琢です。僕が担当する6月のカチコミでは「舞台上での意識・感覚」にスポットを当てたワークショップを行います。
◆ワークショップ内容
プロフィールを見るとわかるのですが、僕はそこそこ長い期間演劇を学んだ末に劇団を旗揚げました。(あたらしい数字という劇団です。)
大学での4年間と、アカデミーでの2年間。合計すると6年もの間、誰かしらに演劇を教わってきたことになります。
実技もあれば座学もありましたし、講師によって演劇観も全く異なりました。
そこで得た数え切れない学びの中から取捨選択した結果が今の僕の演劇につながっています。

今回のカチコミでは、そんな僕が思う「舞台の上で大事にしたいこと」を使いながら「感覚を研ぎ澄ます」ワークショップをやってみたいと思います。

アシスタントとして、あたらしい数字の劇団員・俳優の荒木秀智も来てくれます。
自分のからだ・相手役・観客などなど、様々な要素を意識しながら一緒に演劇をやれたら嬉しいです!

◆講師紹介
佐々木琢(あたらしい数字)
1986年山形県生まれ。大学進学と同時に上京。東京学芸大学在学中より演劇を始める。大学卒業後、座・高円寺の劇場創造アカデミー舞台演出コースへ入り1期生として演劇を学ぶ。2011年5月に修了。
修了後の主な活動として、「鴎座フリンジ企画cleansed project 02『浄化。』(2011年)、 03『洗い清められ』(2012年)」演出助手などがあり、盛岡で行われた「名作を読もう!『走れメロス』(2012年)」では脚本を佐藤信と共同で担当した。2014年に自らが代表を務めるあたらしい数字を旗揚げ。

◆概要
【日時】
2019年6月16日(日) 16:00〜19:00
【会場】
ココキタ ※参加確定後、部屋の詳細をお送りいたします。
【定員】
10名 ※応募者多数の場合は抽選となる可能性があります。
【料金】
一般 1,500円
22歳以下・カチコミ学園生割 1,000円
※カチコミ学園生割とは……連続ワークショップ企画「カチコミ」に今まで参加いただいたことのある方は、…

【レポート】カチコミ4月笠浦企画「ウソつきさんを演じるワークショップ」

イメージ
どうも!!
カチコミ隊長のモラルです。

ついに元号が令和へと変わったわけですが、先日、平成最後のカチコミ企画、「やみ・あがりシアター」主宰の笠浦静花による「ウソつきさんを演じるワークショップ」が行われました。



これは、「演劇とはウソである・・・」という「そもそも論」的なことではなく、もっとシンプルに、舞台上で役としてウソをつくとき(本当は忘れていたことを「覚えてます」と言ったりとか)、どういう演技をするべきか??ということについて考えてみようぜ、という趣旨のワークショップ。

よくよく考えたら、全くウソをつかない役って、そうそうないですよね。
大なり小なり、舞台上の登場人物たちは往々にして、何かしらのウソをついているものです。
そういう意味では、一見限定的なようで、実はとても普遍的なテーマのワークショップになるのではないか・・・!?

そんな期待を胸に潜入した、ワークショップ当日の模様をお届けします。



まずは輪になって、それぞれ簡単に自己紹介。 そこから、笠浦が考案したという、「ウソつきさん当てゲーム」なるものが始まりました。
これは、例えば、「今まで何回海外旅行に行った?」といった、数字で答えられる質問に対して、全員「〇〇回です」と回答するのですが、皆それぞれ、ウソをついています。 で、「こいつが一番大きく嘘をついている!」と思った人を投票制で脱落させて、生き残った人は、ウソをついていた数字の分だけポイントがもらえる、というゲーム。 つまり、高得点を稼ぐには、大幅なウソをつきつつ、それがウソではないと周囲の人間に思われる必要があるのです。
いやあ、とても面白い。 「こいつめっちゃウソついてるやん!」と思って脱落させた人が実際はすごく控えめなウソをついていたり、これは小さいウソだろうなと思って生き残らせた人が、とんでもない大ウソつきだったり。 参加者の皆さん知性派揃いで、すっかり騙されてしまいましたよ、僕は。
ゲームを終えて、「じゃあどこで、大きいウソかどうかを判断していたか」について話し合います。 その人の雰囲気、話し方、テーマに対する情報量etc・・・。 色んな要素が混ざり合って、ウソは出来ているのだなあと思いました。

ゲームの後は二人一組になって、チーム対抗戦のエチュード。 同じチームになった二人がそれぞれ、同じテーマについての話を皆の前でするのですが、どちらか片方…

【終了】カチコミ4月笠浦企画「ウソつきさんを演じるワークショップ」

イメージ
花まる学習会王子小劇場がお送りするワークショップ企画「カチコミ」

新年度一発目、4月企画は笠浦静花(やみ・あがりシアター)が担当します。

(カチコミって何……?という方はこちら)



カチコミ4月笠浦企画

【レポート】カチコミ3月平井企画「WS/若手俳優のための やさしい演出試合」

イメージ
こんにちは!花まる学習会王子小劇場スタッフのモラルです。
いよいよ、春の足音が聞こえてきましたね。
最近の僕は、FIT BOXING(ボクササイズが出来るゲームソフト)で毎日、汗を流しています。
夏までには、人前に晒せる身体に・・・そんな野望を持ちつつ、地道に頑張っていきたいと思います。


さてさて。
毎月連続のワークショップ企画「カチコミ」、今月の企画は当劇場期待のルーキー、平井寛人(尾鳥ひあり/FUKAIPRODUCE羽衣)による「WS/若手俳優のための やさしい演出試合」でした。



主に俳優を対象として、「演出的なトライ&エラーを繰り返してみることで視野を広げてみよう!」というこの企画。
「やさしい演出試合」と書かれていますが・・・この写真を見る限り、だいぶ平井君、ヤバイ奴な雰囲気が漂っていますよね。
自分のこと、カチコミ転校生とか言っちゃってるし・・・。

でも、ご安心ください!
実際の平井君は、めちゃくちゃ優しいナイスガイなのです。
とにかくもう、癒しのオーラが常に出まくっていて、先輩職員たち(というか主に僕)がノープランなボケをかましても、にっこりとした笑顔でリアクションしてくれます。
そして同時に、その奥に熱いハートを燃やしている、熱血漢でもあります。

そんな彼が生み出す世界観や如何に!?
ということで、潜入してまいりました、やさしい演出試合。



まずは一同輪になって、今回のワークショップの趣旨や意図などの説明が行われます。


右側の方は今回、平井君とともにファシリテーターをつとめる西岳(シラカン)さん。
全国学生演劇祭で審査員賞・観客賞・大賞の三冠を達成、佐藤佐吉演劇賞では作品賞・演出賞を受賞と、今ノリにノッている作・演出家さんです。

平井君と西さんの、やさしく、そして真摯な説明によって、場の雰囲気がみるみるうちに暖かくなっていきます。

そしてそこから行われたメニューは・・・「徹子の部屋」!


まずは二人一組になって、AさんがBさんのことについて、色々と質問をして情報を集めます。好きなもの、思い出深い出来事、自慢したいことetc・・・。

そしてその後、実際にエチュード形式で二人は観客の前でトーク。
この時、Aさんは事前に収集した情報を活かして、「徹子の部屋」のようにBさんに話を振っていくのです。



「AさんがBさんから聞いたことを一方的に喋る」のではなく、「その…

【終了】カチコミ3月平井企画「WS/若手俳優のための やさしい演出試合」

イメージ
花まる学習会王子小劇場がお送りするワークショップ企画「カチコミ」
3月企画はカチコミ転校生・平井寛人(尾鳥ひあり/FUKAIPRODUCE羽衣)が担当します。
(カチコミって何……?という方はこちら)




カチコミ3月平井企画 「WS/若手俳優のための やさしい演出試合」
♦概要
やさしい演出試合を計画します。いえい。

演出をしてみたいと言って、本当はきっと、すぐに真剣勝負というわけにはいかないので、「そんなこと自分で決めろよ!」なんて言われない、試し合いの場があるといいのになと思っていました。

1つのシーンに対するトライ&エラー、改善をおこないます。
視野を広げたい俳優を主な対象に、愛情持って手順を追っていきます。

経験や、表現への展望の有無は不問です。やさしい演出経験者の平井と西(シラカン)がお付き合いします。

自分以外のものをControlする中で、背伸びではなく既に自分の中に在るものを大事にするための視野の拡張を目的とします。
繰り返す中で自分でもまだ意識していない胸中のイメージを新たに発見して、より鮮やかな表現力への養分としてください。
♦内容


平井と西の2人芝居を観る。 それを基に貴方自身の上演を立ち上げよう! やさしくファシリテーターが指南します。

◆講師紹介


平井寛人(尾鳥ひあり/FUKAIPRODUCE羽衣) FUKAIPRODUCE羽衣所属。2018年「尾鳥ひあり」旗揚げ。国内外で著名なダンサー 勅使川原三郎氏の下で1年学ぶ。
芸術批評誌REARに自著「ポエトリーラップ入門編」が掲載されるなど、より純粋に自分の表現を載せていく術を模索しつつ、分かりやすく深く物物を考察していくスタンスもとっています。1996年生れ。


◆概要

【日時】
2019年3月17日(日) 12:00~16:00(4時間)
※当日は、11:30より受付を開始いたします。

【会場】
ココキタ
※参加確定後、部屋の詳細をお送りいたします。

【定員】
10名
※応募者多数の場合は抽選となる可能性があります。

【料金】
一般:1,000円
22歳以下・カチコミ学園生割:800円
※カチコミ学園生割とは……連続ワークショップ企画「カチコミ」に今まで参加いただいたことのある方は、カチコミ学園の学園生と(強制的に)みなし、割引き料金でご案内できます!

【対象】
演出の試行・体験に興味があること

◆お申し込み

下記の申し込みフォ…

【レポート】カチコミ2月モラル企画「『なんか得するヤツ』になるためのワークショップ」

イメージ
こんにちは!花まる学習会王子小劇場スタッフの守利です!
今回はモラルさんによる企画「『なんか得するヤツ』になるためのワークショップ」のレポートをお届けします!
いつもはこのレポート、モラルさんにより執筆されているのですが、今回はモラルさんの企画ということで、ぼくが担当致します!がんばるぞい!




はいドン!
いますよね。「なんか得するヤツ」。
ミスをして、どう考えても怒られていいはずなのに、なんか許されちゃうヤツ。
こういうヤツは何故かモテます。
演劇にもいるんですよお〜。さらっとやったギャグがなんかウケちゃったりするヤツ。
こういうヤツも何故かモテるんです。
こっちはいくら練習してもちっともウケないし、モテないのに。キーッ!!!

その人が持っている「持ち味」といいますか。

今回は、そんな得するヤツの「持ち味」的なものの正体を暴き、
それを使いこなしちゃおうという画期的な企画です!
さあ!レッツ得するヤツ!!




というわけでお集まり頂いた俳優のみなさん。
みなさんの真剣な表情から、「なんか得したい」感がひしひしと伝わってきます。
はたして今日一日でなんか得することはできるのか!!






まずは自己紹介から!
ところがどっこい、ただの自己紹介ではありません。
紹介するのはとなりの人。しかも全てあてずっぽうです。

「歳の離れた妹がいて…」
「高校時代は卓球部の幽霊部員で…」
「柄のタイツの下に同じ柄のタトゥーが…」

みなさん言いたい放題です。
これにより他人から見えている自分のイメージを発見することができます。
これ、ぼくもやったことあるのですが、
開始早々となりの女の子から「床から産まれた」と言われ、その日はそれ以降少し機嫌が悪くなりました。




客観的な自分のイメージを掴んだところで次はキャッチボール!
複数の色のボールを使い、それぞれ「名前」「好きな食べ物」「好きな映画」などを
相手に伝えながらボールを投げます。これが脳トレチックで意外と難しい。

おそるおそる声を掛け合うみなさんに対しモラルさんは

「愛が足りない!」
「渡す人に告白するつもりで!」

と次第に熱が入っていって...

\ライト!/
\レフト!/
\ヨイショ!/
全員で声を掛け合いながら左右に一斉にジャンプする「ライト&レフト」ゲームで
みなさんの一体感はばっちり!これぞモラルマジック!!






そしてワークショップはより…