投稿

カチコミ10月平井企画 「『オリジナルのラップによる"手軽な"ミュージカル』制作WS」

イメージ
★劇場職員が千差万別な新しい企画を打ち出す『カチコミ』
上演制作WSも受けたい!という声にお応えし、劇場職員で劇作家の平井寛人(FUKAIPRODUCE羽衣/尾鳥ひあり所属)が10月にWSを開催します★

-----------------------------------------------------------------

カチコミ10月平井企画
『オリジナルのラップによる"手軽な"ミュージカル』制作WS 〜歌唱への道筋をみんなで探そう〜

「『手軽なミュージカル』上演制作WS
〜オリジナルラップを用いて、みんなで"小さな""手軽な"家族に関するミュージカルを作ってみよう!!〜 」
花まる学習会王子小劇場「カチコミ」平井(FUKAIPRODUCE羽衣/尾鳥ひあり所属)企画!


★問題提起★
 私は普段、若手演劇人として作家兼演出家をしています。 また主宰する劇団「尾鳥ひあり」で『プチラップミュージカル』という作風を標榜しています。加えて、主宰団体とは別に「妙ージカル」と称される独自の"ミュージカルブランド"を有する劇団の、「FUKAIPRODUCE羽衣」にも所属しています。音楽好きの、人間が大好きな平井寛人です。

小劇場でもフランクに「オリジナルな楽曲」「弾き語り」が劇中に入れ込まれる事が増えたように感じます。アングラ演劇がおどろおどろしく謡っていたのとも違う、かなりライトな歌唱の差し込まれ方には、作劇・演技ともに、オリジナリティを主張する新たな方法論さえ覚えます。

役者さんとしてそういうシーンに直面したときに「何も分からないけど何となく歌ってみた」という演技と「"恥ずかしげもなく"ではなく、しかし自信を持って歌う」演技とでは、観られた時に質感が全く異なると感じませんか?

 今回のWSでは、歌に直面した時でも慌てずに臨めるよう、「歌唱への道のり」を研究する場を企てることにしました。「歌うことへの納得」を取得するとともに、1つ実践的に、1本のミュージカル作品を平井と一緒にみんなで楽しく作ってみましょう。



★内容★
主にはエチュードから始まり、そこに歌を入れ込んでいくところからなるWSの予定です。 前半戦では ①「『サウンド・オブ・ミュージック』などを例に「ミュージカル(と家族についての関係性)…

【受付終了】カチコミ9月大石企画『オーソドックスな会話劇のワークショップ 〜トガらないけどコツコツと〜』

イメージ
【8/16追記】
カチコミ9月大石企画『オーソドックスな会話劇のワークショップ 〜トガらないけどコツコツと〜』 
追加募集・追加日程のお知らせ

締め切り前にかかわらずたくさんのご応募をいただき、ありがとうございます。
現日程が定員に達しましたので、お昼の日程を追加しました。

□追加日程
【2019年9月27日(金) 10:00〜14:30】
(募集締め切り・9月22日)

こちらの応募フォームからご応募ください。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScRW7BDz9Qb6kHtePRYEBRN7FVo2y0uzcNoWO8xaSwXb93CJw/viewform

引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

----





劇場職員が千差万別な新しい企画を打ち出す「カチコミ」ですが、
普通の演技ワークショップも受けたい!というアンケート結果にお答えし、9月はこんなWSを開催します!

-----

カチコミ9月大石企画
オーソドックスな会話劇のワークショップ
〜トガらないけどコツコツと〜


◆ごあいさつ こんにちは、大石晟雄です。
ジャンル分けすると、現代口語の会話劇を作っています。
いつも、とりあえず、「普段どおりしゃべってみて」と言います。 普段あんなに早かったり遅かったり、急に大きな声を出したりしているのに、 舞台に立つと急に同じ音になるのが気になっています。
その上で、(あくまで私のやり方ですが) 普段どおり話すだけではシーンは立ち上がらないし、 そもそも台本が自分から出た言葉ではありませんし、演出家からの指示も入ります。
「舞台化した日常」を演じるとき、 「台本・演出に従いつつ」だけど 「演技が嘘にならない」ために、一体どうしたら良いものか。舞台はそもそも嘘なのに。
このワークショップでは、人が書いた言葉、自分とは違う人間を演じるときに、 「自然」に見えて、かつドラマを成立させる演技を探っていきます。
台本を使ってシーンを立ち上げながら、舞台上で会話をするためのヒントを掴みましょう!
◆ワークショップ内容 事前にお送りする台本を使ったシーンワークとディスカッション

◆講師紹介 大石晟雄
静岡県出身 桐朋学園芸術短期大学芸術科演劇専攻卒、脚本家、演出家。 劇団晴天主宰、全ての脚本演出を担当。
主な作品に、南明奈主演舞台『あしたのおもひで』(脚本/新宿村Live…

【受付中】カチコミ8月烏丸企画「登場人物と暮らす 〜上京編/望郷編〜」

イメージ
花まる学習会王子小劇場/牡丹茶房の烏丸棗です。
私が担当する 8月のカチコミは、登場人物と一つになってみるワークショップの第二弾!
昨年10月のカチコミで行った第一弾で大変ご好評いただき、満を持しての再登場です!
講師にNichecraft/関係舎の辻本直樹さんをお招きし、登場人物と一つになってみるワークショップを開催します。

カチコミ烏丸企画
「登場人物と暮らす 〜上京編/望郷編〜」
講師:辻本直樹(Nichecraft/関係舎) 




【企画内容】
「演技」というと、自分とは違う誰かになるようなイメージがあります。
でも自分じゃない人になるのって難しいですよね。
8月のカチコミは、自分を登場人物と一体化させるワークショップです。
こちらでご用意する最小限の設定から、台本なしのエチュード(即興)で短いシーンを作ります。エチュードが終わったら、今度は自分が取った行動や発した言葉をディスカッションで掘り下げていきます。いつのまにか自分の言動が「違う誰か」としてキャラクターを持ちはじめる過程を、実際に体感してみてください。
エチュードを通じて「演じるって何だろう?」「演技をしているときの自分は何者なんだろう?」といったことも考えられるような会にしたいと思っています。
といっても難しく考える必要はありません。必要なのは演技力よりも、無理をしないで普段どおりの生活を送ること。なにげない会話を積み重ねていくなかで、相手との関係や自分のキャラクターを一緒に発見していきましょう。
今回は「上京編」「望郷編」の2つに分け、それぞれ別のシチュエーションで生活を送っていただきます。

http://ojikachikomi.blogspot.com/2018/10/10.html
こちらは前回の「登場人物と暮らす」ワークショップのレポートです。ご参考までに!


【日時】
2019年8月24日(土) 各回4時間
上京編 11:30~15:30
望郷編 16:30~20:30
※両方の回にご参加いただくことも可能です。

【会場】
東京都北区文化芸術活動拠点 ココキタ
※参加確定後に、追って部屋の詳細をお送りいたします。

【定員】
各回定員5~10名程度
※応募者多数の場合は抽選となる可能性があります。

【料金】
一般…2,000円
U22(要証明書)…1,500円
カチコミ学園生割(要カチコミ学生証)……

【レポート】カチコミ7月黒太企画「はじめての照明プラン講座」

イメージ
どうも!
カチコミレポーターのモラルです。

さてさて。
先日、カチコミ7月黒太企画「はじめての照明プラン講座」が開催されました!

これまで、脚本家・演出家の劇場スタッフによって行われてきた「カチコミ」企画。
そこについに、当劇場のテクニカルディレクター、黒太さんが参戦したわけです。



こんな顔でバナナ食べてはいますが、今をときめく超人気照明家である黒太さん。
そんな彼が、ただでさえ機会の少ない照明についてのワークショップを行う・・・!
正直私も、カチコミ担当というより、いち演出家として学ぶ気マンマンで当日、会場に向かいました。

今回のワークショップは、高校生を対象とした朝のコースと、18歳以上を対象とした夕方のコースの、計2コース。
まずは朝の、高校生コースからです。


冒頭、黒太さんから、「今回は、灯体の種類であるとか、吊り方であるとか、そういう技術的なことはやりません!何を意図して、どう明かりを当てるのかということについて考えていきましょう!(だいぶモラルの意訳)」という、本日の趣旨についての説明が行われます。

そして、そこからワークショップは実践編へ・・・。


使うものは、スタンドにつけられたクリップライト!

いくつかのチームに分かれ、このクリップライトを使って、「お題」を具現化する明かりを作っていきます。





高校生の皆さんの、様々な創意工夫!
クリップライトだけでも、こんなに色んなことが表現できるんだ、と感動的な気持ちになります。

そこから、とある家庭の「朝」「昼」「夜」の時間経過を、照明で表現してみよう、の時間。
「とある家庭」と言いましたが、私・モラルが家の主になって、色んな明かりを当ててもらいました。
(俺も混ぜてくれ・・・!的なオーラを出しまくっていた僕に、黒太さんが気を遣ってくれました)

なので、ちょっと、写真がないんですけれども、これもすごく、楽しかった!!
照明家さんが普段、どういうことを考えて明かりを作っているのか、その一端に触れたような気がしました。


ワークショップが終わった後も、コードの「八の字巻き」をレクチャーする黒太さん。
本当に、サービス精神の塊のような男!!

そんなこんなで、大盛況のうちに終わった高校生コース。
その後は、僕と黒太さんの二人で、仲良くお昼ご飯を食べました。
(黒太さん、カレー美味しかったね!)

そして少し時間があいて、お…

【受付終了】カチコミ7月黒太企画「はじめての照明プラン講座」(高校生限定コース&18歳以上コース)

イメージ
カチコミ7月黒太企画「はじめての照明プラン講座」(高校生限定コース&18歳以上コース) (カチコミって何……?という方はこちら)



【概要】
照明チーム「黒猿」の代表として様々な現場で活動し、花まる学習会王子小劇場のテクニカル・ディレクターも担当する黒太剛亮が、カチコミ企画にいよいよ参戦!
照明をテーマにした、ワークショップを行います。

今回の企画では、機材の使い方や灯体の吊り方といった技術的なことではなく、「何のために照明を当てるのか?」「どう当てれば、どのように見えるのか?」といった、照明の意図について考え、理解を深めることを目的としています。
プロの照明家を目指す方はもちろんのこと、「照明家に、もっと的確に自分のイメージを伝えたい演出家」や「自分がどう照明に当たればいいかを知りたい俳優」、はたまた「次の公演でいきなり照明を担当することになった学生」など、セクションを問わず様々な方にとって、有意義なワークショップになるかと思います。
もっと言えば、間接照明を使って自分の家をいい感じのムードにしたい・・・という日常の一コマにも、「照明プラン」は存在しているわけです!!

限られた時間がより実り多きものとなるよう、今回は、主に高校演劇で活動する方を対象とした「高校生限定コース」と、小劇場など様々なフィールドで活動している方を対象とした「18歳以上コース」の、二つのコースをご用意しました。
どちらのコースも、照明の知識や経験は不問ですので、是非、奮ってご参加くださいませ!


【内容】
〇高校生限定コース
スマホでの「自撮り」や、クリップライトを使っての簡単な「明かり作り」を通して、照明の基本的なことを学びます。

〇18歳以上コース
シーンについてのイメージを明確にし、そのためにどういう照明がふさわしいかを話して、「プラン」について考えます。


【日時】
2019年7月13日(土)
高校生限定コース:9:30~12:30(3時間)
18歳以上コース:16:30~20:30(4時間)
※各コース、開始時刻の15分前から受付を開始いたします。


【会場】
ココキタ
〒114-0003 東京都北区豊島5-3-13
王子駅よりバス「豊島六丁目」「豊島五丁目団地」下車 徒歩3分
※参加確定後、部屋の詳細をお送りいたします。


【料金】
高校生限定コース:500円
18歳以上コース:1,50…

【レポート】カチコミ6月佐々木企画「感覚を研ぎ澄ませ!〜舞台の上では敏感に〜」

イメージ
どうも!
おなじみ、カチコミレポーターのモラルです。

今回お送りするのは、佐々木琢(あたらしい数字)による6月企画、「感覚を研ぎ澄ませ!〜舞台の上では敏感に〜」のレポートです。



何を隠そう、今回の企画担当の佐々木琢氏は僕と同い年であり、同じタイミングで劇場で働き始めた同期でもあります。

そんな彼が、満を持して行うワークショップ・・・これは目撃せねばならんと、息巻いて会場に潜入してまいりました。



まずは冒頭。佐々木君が持ち前の穏やかさをフルに発揮しながら、企画の趣旨を説明していきます。 佐々木君には、東京学芸大学で学んだ四年間と、座・高円寺の劇場創造アカデミー舞台演出コースで学んだ二年間の経験がベースとしてあり、それを自身の劇団「あたらしい数字」での創作の中で発展・取捨選択してきたものが、現在の彼のメソッドを作り上げています。 そのメニューの一部を今回は体験できるということで、この時点でもう、僕のワクワクはMAXです。


そしてこの日、アシスタントとして来てくださったのが、「あたらしい数字」劇団員、荒木秀智さん。佐々木君とは、座・高円寺の劇場創造アカデミーで共に学んだ仲間でもあります。 柔らかさの中に頼もしさがある、とても魅力的な俳優さんです。 余談ですが、僕と同郷の福岡県出身でして、ワークショップの開始前は、二人で地元トークに花を咲かせました。
今回のワークショップは、「身体」と「セリフ」、二つの方向性から演技にアプローチしていく構成となっており、身体パートを荒木さんが、セリフパートを佐々木君が担当するとのこと。 しかし共通して、「集中する」ということは「開く」ということであり、舞台上で起きるあらゆることにアンテナを張り巡らせて演技をしていこう、という目的を持っています。 (モラル解釈)

まずは、身体パートから。 ストレッチやスローモーションでのラジオ体操などで丁寧に身体をほぐした後、「ミラーリング」という、二人で向かい合って、片方がもう片方の動きを真似していくというメニューが行われました。

これ、「大まかな真似」をすることは簡単なんですけど、例えば、「右足の親指」だとか「腰の角度」だとか、細かいところまで考え出すと、ものすごい集中力、つまり「開く力」が必要になってくるんですね。
真似される方、つまり動く方も、次第に大胆な動きを見せるようになっていって、どんどん白熱…

【受付終了】カチコミ6月佐々木企画「感覚を研ぎ澄ませ!〜舞台の上では敏感に〜」

イメージ
花まる学習会王子小劇場がお送りするワークショップ企画「カチコミ」、6月企画は佐々木琢(あたらしい数字)が担当します。(カチコミって何……?という方はこちら)


カチコミ6月佐々木企画 「感覚を研ぎ澄ませ!〜舞台の上では敏感に〜」
こんにちはこんばんは、佐々木琢です。僕が担当する6月のカチコミでは「舞台上での意識・感覚」にスポットを当てたワークショップを行います。
◆ワークショップ内容
プロフィールを見るとわかるのですが、僕はそこそこ長い期間演劇を学んだ末に劇団を旗揚げました。(あたらしい数字という劇団です。)
大学での4年間と、アカデミーでの2年間。合計すると6年もの間、誰かしらに演劇を教わってきたことになります。
実技もあれば座学もありましたし、講師によって演劇観も全く異なりました。
そこで得た数え切れない学びの中から取捨選択した結果が今の僕の演劇につながっています。

今回のカチコミでは、そんな僕が思う「舞台の上で大事にしたいこと」を使いながら「感覚を研ぎ澄ます」ワークショップをやってみたいと思います。

アシスタントとして、あたらしい数字の劇団員・俳優の荒木秀智も来てくれます。
自分のからだ・相手役・観客などなど、様々な要素を意識しながら一緒に演劇をやれたら嬉しいです!

◆講師紹介
佐々木琢(あたらしい数字)
1986年山形県生まれ。大学進学と同時に上京。東京学芸大学在学中より演劇を始める。大学卒業後、座・高円寺の劇場創造アカデミー舞台演出コースへ入り1期生として演劇を学ぶ。2011年5月に修了。
修了後の主な活動として、「鴎座フリンジ企画cleansed project 02『浄化。』(2011年)、 03『洗い清められ』(2012年)」演出助手などがあり、盛岡で行われた「名作を読もう!『走れメロス』(2012年)」では脚本を佐藤信と共同で担当した。2014年に自らが代表を務めるあたらしい数字を旗揚げ。

◆概要
【日時】
2019年6月16日(日) 16:00〜19:00
【会場】
ココキタ ※参加確定後、部屋の詳細をお送りいたします。
【定員】
10名 ※応募者多数の場合は抽選となる可能性があります。
【料金】
一般 1,500円
22歳以下・カチコミ学園生割 1,000円
※カチコミ学園生割とは……連続ワークショップ企画「カチコミ」に今まで参加いただいたことのある方は、…