投稿

11月, 2018の投稿を表示しています

【ご応募受付中】カチコミ11月大石企画

イメージ
花まる学習会王子小劇場がお送りするワークショップ企画、「カチコミ」
11月企画は大石晟雄(劇団晴天)が担当します。
(カチコミってなんぞや・・・?という方はこちら)













カチコミ11月大石企画
『熱血!模擬ワークショップオーディション』

◆企画内容
〜オーディションってどうやったら受かりますか?〜
よく聞かれる質問ですが、わたしは大別して2種類のオーディションがあると思っています。
1つは役の決まっているオーディション。これは、運の要素が大きいです。もしくは圧倒的な演技力で乗り越えるくらいしか道がない!
もう1つは、役の決まっていないオーディション。ここには、演出家や企画によって様々な「選ばれる理由」と「選ばれなかった理由」が存在します。

今回、3人の演出家がそれぞれ普段行っているようなワークショップオーディションを行い、その後の座談会で「どこが引っかかったか」「どこを見ていたか」を、(できるだけ)ぶっちゃけてお話します。

普段は結果を待つばかりのオーディション。その過程を複数の演出家から直接聞ける企画です!とてもシビアな企画となるかもしれませんが、奮ってご参加ください!

※もちろん、オーディションの際、演出家も俳優に選ばれています。

◆概要
【日程】
11月13日(火)16:00-20:30 (応募締切11/11いっぱい)
11月17日(土)16:00-20:30 (応募締切11/15いっぱい)
(各回定員10名)

【会場】
ココキタ ※参加確定後、部屋の詳細をお送りいたします。 

【内容】
『役の決まっていないワークショップオーディション(の体)』を行います!
16:00-16:10イントロダクション
1610-16:50 演出家A ワークショップ
1650-1700 休憩
1700-1740 演出家Bワークショップ
1740-1750 休憩
1750-1830 演出家Cワークショップ
1845-1945 演出家と囲む!ぶっちゃけ座談会
1945-2000 制作連絡後、全体解散
(時間は変動の可能性あり。最遅20:30解散となります)

◆参加演出家
11月13日回
◆大石晟雄 劇団晴天主宰 企画ファシリテータ
◇モラル 犬と串 主宰
◇笠浦静花 やみ・あがりシアター 主宰

11月17日回
◆大石晟雄
◇池亀三太 花まる学習会王子小劇場 芸術監督
◇守利郁弥 トートピア(元Dr.MaDBOY)主宰

【料金】
俳優:一般2000円/25歳以下1,5…

【レポート】11月大石企画「熱血!模擬ワークショップオーディション」大石・モラル・笠浦回

イメージ
どうも!!モラルです!!
劇場スタッフが月替わりで様々な企画を行う「カチコミ」、11月は劇団晴天主宰・大石晟雄が仕掛ける「熱血!模擬ワークショップオーディション」でした。




オーディションって普通、合否だけを伝えられて、なかなかその選考理由だったり、そこに至る過程だったりを知ることって出来ないですよね。
なので今回は、複数の演出家が模擬的にオーディションを行って、その後に、「どういう点を見ていたか」「誰をどう思ったか」なんかを全部ぶっちゃけます!…というのが、ざっくりこの企画の趣旨です。

「複数の演出家」は、当花まる学習会王子小劇場のスタッフが担当。
「作家・演出家が集まる職場」である、この劇場ならではの企画とも言えますが、いやあ、なかなかどうして、「オーディションやる側」にとってもデンジャーな企画ですよ、これは…(笑)
正直なところ、できればオーディションの裏側なんてぶっちゃけたくない…という気持ちもありますし、何よりも演出家が俳優を選ぶものであるのと同時に、演出家も俳優に選ばれるものですからね。
でも!だからこそ!我々が矢面に立ってこの企画をやることには非常に意義がある!やるからには精一杯誠実に本音を話そう!と、職員一同、腹をくくったわけです。

ちゅーことで、前置きが長くなりましたが、今回は、そんな「熱血!模擬ワークショップオーディション」の、全二日間のうちの、初日のレポートをお届けいたします!!


「三人の演出家が、一人ずつ模擬的にオーディションを行う→全体で輪になってフィードバック」
というのが、このワークショップの大まかな流れ。
トップバッターは、この企画の担当者でもある、大石晟雄(劇場の愛嬌担当)です。


一発目ということもあり、まずはシアターゲームで、参加者の皆様たちとの距離をググッと詰めていきます。
「オーディションをやる側」の人って、あくまで淡々と進める人と、フレンドリーに場を作っていく人の二種類がいると思うんですけど、大石は完全に後者でした。
でもそういうのって、なかなか、やろうと思って出来ることではないというか、ひとつの才能だと思うので、時に自分がスベりながらガンガン場を温めていく彼を見て、すごいなあと感心しきりでした。


シアターゲームの後は、台本稽古。
大石が実際に上演した作品の台本から一部を抜粋して、参加者に演じてもらいます。


ここでも、ただ演…

【ご応募受付中】12月佐々木企画「作詞・作曲体験!〜音楽家とつくる私の一曲〜」

イメージ
花まる学習会王子小劇場がお送りするワークショップ企画「カチコミ」、12月企画は佐々木琢(あたらしい数字)が担当します。(カチコミって何……?という方はこちら)

カチコミ12月佐々木企画 「作詞・作曲体験!〜音楽家とつくる私の一曲〜」
こんにちはこんばんは、佐々木琢です。僕が担当する12月のカチコミでは、音楽家の鈴木光介さんをお招きして「作詞・作曲を体験するワークショップ」を行います。
今回僕はこのカチコミで「これまでの演劇活動の中で出会った素敵な演劇人を招きたい!」と考えました。
そこで、80年代初頭から活動しているポップ・ミュージック劇団「時々自動」に所属し、近年はケラリーノ・サンドロヴィッチさんの舞台で音楽を担当している鈴木光介さんのワークショップが実現することになりました。
光介さんがワークショップの講師をするのは本当にめずらしいので、演劇やってる方もそうでない方も是非この機会を逃さずに奮ってご参加ください。

◆ワークショップ内容
「歌をつくる」という営みは、専門家以外にはハードルが高いように感じてしまいます。
しかし、僕たちの生活の中には「歌をつくる”種”になることばや音楽」が溢れているはずなんです。
今回はその種――参加者の皆さんから集めたことばや音楽(鼻歌やリズム)から自ら作詞・作曲をしてもらい、それぞれの「私の一曲」をつくってみるワークショップになります。(最終的には演奏したり歌ってみたりします!)

子どもから大人まで、舞台芸術経験者から未経験者まで広く楽しめるワークショップですし、楽器が弾けなかったり音楽経験がなくても問題ありません!
光介さんと音楽をつくる体験をしたいという方はもちろん、「つくった詩や短歌を歌にしてみたい」「誰かのお祝いソングを一曲つくってみたい」「自分が書いた台本の一節を歌にしたい」「既成の曲を流す以外で舞台に音楽を持ち込みたい」など色々な目的で参加してもらえたら嬉しいです!!

◆講師・鈴木光介さんからのコメント
音楽家の鈴木光介と申します。僕が初めて曲を作ったのは、高校生のとき、姉がwebサイトを作るというのでそのサイトのテーマ曲を頼まれてもいないのに勝手に作ったのが最初だった気がします。今回も、誰もあなたに作詞作曲を依頼してはいないと思いますが勝手に作っちゃいましょう。

◆講師紹介
鈴木光介(時々自動)
2000年より劇団時々自動に参…