投稿

1月, 2019の投稿を表示しています

【終了】1月伊坂企画「ディレクターズ・ボイス・ワークショップ」

イメージ
関連記事:【レコメンド】1月伊坂企画「ディレクターズ・ボイス・ワークショップ」


こんにちは、伊坂共史です。
花まる学習会王子小劇場がお送りするワークショップ企画「カチコミ」、私が担当する1月企画のお知らせです。(カチコミって何……?という方はこちら)

毎月いろいろな趣向で開催しているカチコミですが、1月は・・・



カチコミ1月 伊坂企画
「ディレクターズ・ボイス・ワークショップ   〜俳優を輝かせる演出家のために〜」

なんと、ボイストレーナーの金末順(きむ・まるすん)先生にダメもとで講師をお願いしたら、お引き受けいただくことができました! 金先生は俳優さんや声優さんを中心に長年多くの方を指導していらっしゃいますが、今回はカチコミバージョンとして「演出家向け」のコースを初開催します。 俳優にとって良い声・正しい声を身につけることは必要なことですが、その俳優の翼を広げて輝かせるために、演出者が声についての知識・技術を得ることも同じように、いや、もしかするとそれ以上に重要なことかもしれません。 俳優の皆さん、ごめんなさい!……なのですが、演出家向けのメニューであることをご了承いただいた上でしたら、お申し込みいただいてもOKです。 ちなみに私はふだん音響スタッフとして演劇に関わることが多いですが、これまで幸運にも何度か金先生のレッスンを受けたり見学したりできた経験は、とても貴重な財産になっていると感じています。 カチコミとしては少しだけお高めの回ではありますが、「声」という要素にフォーカスを絞って2日間にわたって行うワークショップは、参加した皆さんのこれからの演劇人生で役に立つ、価値の高いものになると確信しています。 多くの方に、さまざまな方に、ご参加いただければ幸いです。お申し込み、お待ちしております。

◆講師プロフィール

金 末順(キム マルスン) ボイストレーナー/ボイスファクトリーすにぃ主宰
役者演出を経て、演劇における声の支配力に着眼。アクティングトレーナーからボイストレーナーへと方向を変える。 1994年、スピーキングボイスにおける表現の可能性を求め「身体と呼吸と声からの言葉へのワークショップ」として「ボイスファクトリーすにぃ」を立ち上げる。 2003年5月、渋谷区笹塚にスタジオ開設、現在は東京と名古屋に教室を展開する。 声の最終目標は、「聞く人に勇気と元気と明日への希望を感じさせる声をつ…

【レコメンド】1月伊坂企画「ディレクターズ・ボイス・ワークショップ」

イメージ
※この記事で紹介しているカチコミ1月企画「ディレクターズ・ボイス・ワークショップ」は現在は開催終了しています。



こんにちは!花まる学習会王子小劇場の伊坂です。
カチコミ1月企画「ディレクターズ・ボイス・ワークショップ」、ただいま絶賛お申し込み受付中です。詳細・お申し込みはこちらの記事をご覧ください。(カチコミって何……?という方はこちら)

この記事では、その講師を務めていただくボイストレーナー・金末順(きむまるすん)先生を知る方々から届いたコメントをご紹介させていただきます。
声についてご興味のある方、参加しようかどうか迷っている方、すべての皆さまにぜひお読みいただきたい内容となっております!
さっそくスクロール↓↓↓してご一読いただけますと幸いです!!


《メッセージを寄せていただいた皆様》 ※掲載順
成河様、渡邊りょう様、中村早香様(アマヤドリ)、東谷英人様(DULL-COLORED POP)、
中村まゆみ様(ふくふくや)、三澤紗千香様、百花亜希様(DULL-COLORED POP)、時津真人様(★☆北区AKT STAGE代表)、
モラル様、荒木秀智様(あたらしい数字)、片桐はづき様、菅原達也様(時々、かたつむり)、
河野真里子様(劇団風の子岐阜代表)



◆俳優・成河様より

キムさんが聴き分ける声のひとつに、

「身体から離れた声」

というのがあります。

演技についてのコトバに関しては慎重で疑り深い僕ですが、これは「絶対と言っていいほど信用出来る演技のコトバ」の内のひとつです。

「声」を巡るたくさんのコトバたちに半ば辟易としてきました。「良い声」「正しい声」なんてどう考えてもウソくさいと思ってきました。今でもそれは変わりません。いい声と悪い声があるのかどうかは分かりません。「悪声に名人多し」というコトバさえあります。

でもひとつだけ確かな事は、役者には「身体から離れた声」と「身体から離れてない声」があるということ。意識して聴いてみたらとても簡単に聴き分ける事が出来ます。そして良い演技をしている時、声は「身体から離れて」ます。「身体から離れて」相手役や観客に手渡されます。相手を変化させようと思って出す声は必ず「身体から離れる」のだと思います。

演出家さんがそれを知る=意識して言語化するというのは、とても面白いと思います。「良い演技」を言語化するのは困難ですが、「身体か…