投稿

1月, 2020の投稿を表示しています

【受付中】カチコミ1月井上企画「鳥になる~やってみたい役をやってみるWS~」

イメージ
花まる学習会王子小劇場がお送りするワークショップ企画「カチコミ」。 1月企画は、カチコミ転校生・井上瑠菜(露と枕)が担当します。(カチコミって何……?という方はこちら)




********** カチコミ1月井上企画『鳥になる』~やってみたい役をやってみるWS~

▼ごあいさつ こんにちは! 井上瑠菜です! 「カチコミ!」1月企画を担当します。よろしくお願いします。
私の主宰する露と枕という劇団では、「優しい悲劇」というものをコンセプトに作劇を行っております。旗揚げ当時は「私が書いた本が一番好きなのは私、好きに書いて好きに主演をやりたい」という野望をもっておりました。今は脚本と演出のみをやっています。
小学三年生から舞台女優を志し、演劇一筋で生きてきた私ですが、 役者をやるうえで最も大きなやりがいの一つである、 「登場人物になりきることで、自分とは違う人になれる」 「日常では経験し得ない気持ちを体感できる」 そんな自分とは違う誰かになれたような瞬間に病みつきになって、中学、高校と部室にある戯曲をひとり部室でぶつぶつとつぶやいていました。

でも、自分の身体が邪魔だなあ、って思ったこと、ありませんか? 本当はマクベスをやりたいし、オペラ座の怪人をやりたい。23の私でもアニーがやりたい。そんなときいつだって自分の身体が邪魔をしてくるのです。
今回のWSは身体に邪魔されず、自由にいろんな役を演じてみるWSです。 古典でも、憧れの劇団の戯曲でも、自分が出演したことのある戯曲でも、オリジナルでも構いません。一度はやってみたかった役とシーンを、あなたの欲望のまま、みんなで協力して作っていきます。
やってみたい役を演じる中で、邪魔してくる自分の身体と距離を置いたり、仲良くお喋りしたりしながら、どうしたら自分の身体は助けてくれるようになるのか、一緒に考えましょう。


▼WS内容 事前にやってみたい台本を提出し、参加者間で共有します。 1人15分~20分かけて、シーンを実演します。

▼講師紹介 井上瑠菜 茨城県出身 早稲田大学社会科学部在学、脚本家、演出家。 早稲田大学演劇研究会所属劇団、露と枕主宰。すべての脚本、演出を担当。 主な作品に、『ビリー・ミリガンの毒薬』(脚本・演出/シアターグリーンBASE THEATER)、『春待つ枕』(脚本・演出/一心寺シアター倶楽・大隈講堂裏劇研アトリエ)、『煙霞の癖』(脚本・演出/大隈講堂裏劇…