【レポート】6月守利企画「超短編会議」

カチコミ!はじめました!!


カチコミとは・・・ココキタのレジデンスアーティストとなった「佐藤佐吉演劇祭実行委員会」の面々・・・つまり花まる学習会王子小劇場のスタッフたちが、ほぼ月イチでワークショップを行う、つまりカチコむ、そんな企画です!

6月はDr.MaDBOY(10月の公演で改名予定)の守利郁弥による
「超短編会議」
3P以内の「超短編」を持ち寄って、みんなで読んで、みんなであれこれ言ってきました!













集まった台本は11名19作品!!!
会議のときに「そのために書いてくるって条件として厳しくない・・・?」って言ってごめんなさい

本日6月30日、AM1100
2名のキャンセルはありつつも、参加者全員が揃い、まずは守利の挨拶から。


・できるだけマイナスな言葉を言わないで話し合いたいこと 
・カチコミ!自体もこの回を外で開くのもはじめて。全体でいい意見が出る回にしたい。
・・・などの話があり、






















ご参加の皆さんも守利の柔和な感じに緊張がやわらいだ様子













のあと、軽いウォームアップをし、
早速くじ引きからの席替えタイム!(ただ読む順番に座り直すだけ)

そう、思ったより人数も台本も揃ってしまったので
11時15分〜13時半すぎまでの約2時間15分で最低11本の台本を読み&会議をすることに。。。。!
1台本につき10分でテンポよく進んでいきます。


















7分程度の休憩をはさみつつ、コントからしっとり系まで、様々な11本の戯曲を
読む、読む、読む!












タイトルだけでも

・バナナ電話
・傘男
・風が呼んでいる
・正しさとは何か
・青年期実存私論
・浴室の少女
・THE FAMILY
・矛盾
・タイムカプセル
・チケット
・タイトルは最後に
・janguru
・コント
・ラブホテル
・座敷
・卒業
・気になるマシン
・風に吹かれて
・たいふうとおまつり(当初ver.)

こんなタイトルが並びました。
気になる〜〜〜〜〜〜〜〜!!!

時間の都合で1人1本の読み合わせとなってしまいましたが、盛り上がり・・・!
「この部分はこうも捉えられる」
「これは映像やマンガにしても面白そうですね」
「バナナ電話って何・・・?」
「妖怪多いですよね」
などなどなど、さまざまな意見が飛び交う、とっても楽しい会になりました。

終わったあとは、今日の振り返り。カチコミ!の形に限らず、再びの開催希望や、もっと厳しい意見を貰える場所がいい、こういった脚本家同士が見える会があると刺激を受ける、などご意見や今後の展望についても話し、各々の宣伝チラシを配って終了。
Twitterにも早速の感想をいただきました。
















笠浦さんもこの表情です。


ご参加のみなさま、どうもありがとうございました!!!



さあ次回のカチコミ!は

【7月企画『池亀三太の実践的トライ&エラー創作』担当:池亀三太】

【開催日時】
7月
10日(火)18時~21時
11日(水)18時~21時
12日(木)18時~21時
14日(土)18時~21時
15日(日)18時~21時
16日(月祝)終日予定 作品発表

現在参加者募集中!
くわしくはこちらのブログをご覧ください!



それではまたお会いしましょう!あきおでした!


コメント

このブログの人気の投稿

【終了】カチコミ11月大石企画

【終了】カチコミ9月北川企画

【終了】カチコミ8月笠浦企画「問題解決型ワークショップ~はじめての演出脳〜」